フリースクールにはどんなタイプがある?

フリースクールについての説明

フリースクールという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことはあっても実際に詳しく知っている人は少ないかもしれません。フリースクールとは、個人やNPOが運営する、何らかの理由で学校に行けない子供たちが行く学校のことであり、スタッフとの触れ合いや活動を通して、傷ついた心を癒し、復帰を目指す学校のことです。サポート校との違いは運営母体が学習塾などが多く、通信制の学校の生徒のサポートを目的としています。フリースクールは地域の学校と連携していることが多く、フリースクールへの登校が学校への登校とみなすという例もあります。それが認められるのは小学生、中学生が多いので高校生よりも小中学生の割合が高くなっています。

フリースクールの種類

フリースクールには様々な種類のものがあります。勉強に重きを置いたり、社会スキルを身につけるなど子供たちの居場所となることを一番の目的に置いたフリースクール。もともと通っていた学校に戻るために学校の授業の進み具合に合わせて学習をサポートすることが目的のフリースクール。発達障害の子供などを専門家がしっかりサポートして社会生活を円滑におくれるようになることを目的としたフリースクール。医療機関と連帯してサポートするフリースクール。他にも、自宅訪問を行って子供の通学意欲を高めていくことが目的のフリースクールや、共同生活を送ることを目的としたフリースクールなど様々な種類のフリースクールが存在します。子供たち一人ひとりの状況に合わせてその子供にあったフリースクールを選ぶことが大切になっています。